QUESTION

全額損金の定期保険を月払いしていましたが、保険料を年払いに変更しました。10月決算で9月まで月払いしたものを、決算月の10月に年払いに変えて来年分も支払った場合、今期の損金額はいくらになりますか?

ANSWER

月払いだった保険契約を、期末に年払いした場合、一期に23ヶ月分の保険料を損金計上する形となります。

月払→期末に年払へ。一期に23ヶ月分の保険料を損金計上します。

「10月決算で9月まで月払いしたものを、決算月の10月に年払いに変えて来年分も支払った場合、今期の損金額はいくらになりますか?」とのことですが、別のよくあるご質問でも紹介しましたが、月払いだった保険契約を、期末に年払いした場合、一期に23ヶ月分の保険料を損金計上する形となります。



【例:月払いだった保険契約を期末に年払いに変えた場合】

  • A期は期末に月払い40万円で全額損金の保険に加入。A期の決算は1ヶ月分の40万円だけを損金計上。
  • 翌B期は期首から期末までの月払い40万円×11ヶ月で440万円支払う。
  • B期の決算末に保険の払込方法を年払いに変更。2回目の保険料払込は年払いで480万円を支払う。
  • この場合、440万円(今期これまでの11ヶ月分)+480万円(向こう12ヶ月分)=920万円(23ヶ月分)を一期の損金として計上できます。


一期に23ヶ月分の損金を計上する

 ご不明な点等ございましたら、お気軽にお問い合わせ・ご相談を頂ければと思います。