QUESTION

利益の繰り延べと節税の違いは何でしょうか?

ANSWER

保険の場合で言えば、出口(解約時)対策の無いものが利益の繰り延べ。出口(解約時)対策のあるものが節税と言えます。

出口(解約時)の対策があるかどうかが大きな違いです。

「利益の繰り延べと節税対策の違いは何でしょうか?」とのことですが、保険の場合で言えば、

  • 出口(解約時)対策の無いものが利益の繰り延べ。
  • 出口(解約時)対策のあるものが節税。

 と言えます。

 別のよくあるご質問のよくあるご質問でも紹介しましたが、損金計上できる法人保険だけを契約した場合、保険単体だけでは単なる利益の繰り延べであり節税にはなりません。解約時に大きく損金を作れる経営的なイベントを用意し、その原資として解約返戻金を使う(解約で発生する利益を消し込む)ことで初めて、利益の繰り延べではなく本当の意味での節税になります。

出口(解約時)対策が無ければただの利益の繰り延べに過ぎません。

 そもそも法人が契約する保険の役割(機能)は、帳簿上の利益を簿外(帳簿の外)の含み資産(解約返戻金)に移すことにあります。決算前に貯まった利益をそのまま法人税として納税するのではなく、損金を作りながら万一に備えて解約返戻金という形で貯めておく。これが本来、法人保険が持っている役割(機能)です。

 もちろん、法人保険単体で見れば、あくまで帳簿の外に利益を移すだけの機能しかありません。簿外に移した利益(解約返戻金)をどこかのタイミングで帳簿に戻す(解約する)際には、それまで貯めていた含み資産(解約返戻金)が大きな利益となって法人に戻ってきます。このタイミングで何もせず黒字決算をすれば、それまで支払っていなかった法人税をまとめて支払うことになり、何ら節税効果を得ることができません。これが利益の繰り延べです。

 なんとなく目先の利益圧縮のためだけに加入した出口(解約時)対策の無い法人保険活用は、単なる利益の繰り延べに過ぎません。別のよくあるご質問でも紹介しましたが、大前提として出口対策(戦略)がしっかりとしていない節税保険の加入はあまり好ましい入り方では無いということをどうかご理解下さい。

出口(解約時)対策のあるものが本当の意味での節税です。

 一方で、保険解約時に計上される大きな利益を

  • 赤字の補てんとして活用する。
  • 役員退職金や大規模修繕の原資として損金計上する。
  • 逓増定期保険の名義変更プランを使い個人で解約する。

 といったことができれば、法人では保険解約時に利益が発生せず、法人税を支払う必要が無くなります。この場合は繰り延べた利益を、税金のかからない形で解約(表面化)できているため、本当の意味での節税と言えます。

  • 解約返戻金の使い道(出口)が決まっている。
  • 解約返戻金を使う時期(タイミング)もある程度予測できる。

 といった場合には、その時期から逆算して節税保険に加入し、利益を解約返戻金という形で貯めていくことで大きな節税効果を生むことができます。一方で、

  • 解約返戻金の使い道(出口)は、まだ決まっていない。
  • 解約返戻金を使う時期(タイミング)もまだ予測できない。

 といった場合には、別のよくあるご質問でも紹介しましたが、逓増定期保険の名義変更(契約者変更)プランがオススメです。簿外に移した利益(含み資産)を社長個人に移すことができ、法人は利益の繰り延べではない完全な節税対策が可能です。解約返戻金を受け取る個人も、退職することなく非常に少ない税金で大きな所得を得ることができ、大きな節税効果を得ることができます。

 弊社ではお客様のご要望に合わせて、出口(解約時)対策まで考慮した提案を行っております。どうぞお客様にお問い合わせ・ご相談を頂ければと思います。