QUESTION

逓増定期保険は役員に万一の際に死亡保険金を死亡退職金として出せるものだと理解していますが、貯まっていく解約返戻金は生存退任する場合の生存(役員)退職金としても活用できますよね?

ANSWER

おっしゃる通りのご理解で間違いありません。逓増定期保険は死亡時に保険金を死亡退職金として支給するだけでなく、役員の勇退時に貯まった解約返戻金を生存退職金として支給できます。また、それ以外の法人における様々な用途に解約返戻金や保険金を活用することができます。

死亡退職金や生存退職金以外にも様々な用途で活用できます。

「貯まっていく解約返戻金は生存退任する場合の役員退職金としても活用できますよね?」とのことですが、おっしゃる通りのご理解で間違いありません。逓増定期保険は死亡時に保険金を死亡退職金として支給するだけでなく、役員の勇退時に貯まった解約返戻金を生存退職金として支給できます。また、それ以外の法人における様々な用途に解約返戻金を活用することができます。

 また、逓増定期保険に限らず、法人の節税に活用される保険で貯めた解約返戻金や死亡保険金は

  • 役員に万一のことがあった場合の死亡退職金。
  • 役員勇退時の(通常の)生存退職金。

 以外にも

  • 役員に限らず、従業員が退職する際の退職金の原資として活用。
  • 大規模修繕の原資として活用。
  • 赤字の補てんや、資金繰りの補てんに活用。

 などなど。様々な用途に活用することができます。

法人でかけた解約返戻金をどんな用途に活用するかは法人の自由です。

 というのも、逓増定期保険に限らず、法人の節税に活用される保険はあくまで法人契約(=法人の持ち物)です。解約時には、必ずいったん法人の口座に解約返戻金が振り込まれるため、その解約返戻金や保険金をどんな用途に活用するかは法人の自由です。

  • 「当初は役員の退職金目的で積み立てていたが…」
  • 「…資金繰りが厳しいので解約返戻金を活用したい」
  • 「…赤字の補てんに一部の保険を解約したい」
  • 「…解約返戻金を数年後に予定している大規模修繕の原資としたい」

 といった具合に、法人の状況(優先順位)に応じてその使い道を途中で変更して頂いて全く構いません。これはたとえ死亡保険金であっても同様です。

役員退職金や死亡退職金は、解約返戻金との相性が良い。

 ただし、別のよくあるご質問でも紹介しましたが、法人において、大きな金額を支払い、その全てを損金計上できるものは多くありません。仮に数百万、数千万単位で不動産を購入したり、設備投資をした場合も、その決算末に損金計上できるのはごくわずか。基本的には減価償却という考え方で、経過年数に応じて徐々に(少しずつ)損金計上していくのが一般的です。そのため損金性の低い使い道は、保険解約時に発生する大きな利益(雑収入)との相性はあまり良くありません。

 一方で、数ある法人の経費の中で、役員退職金や死亡退職金は支払った金額のほとんどを損金計上できる数少ないイベントの一つです。解約返戻金を原資としながら、保険解約時に発生する大きな利益も消し込むことができます。この相性の良さから「法人の節税保険で貯めた解約返戻金の使い道=生存退職金や死亡退職金」というイメージが先行しています。

 ただし、繰り返しますが、実際には死亡退職金や生存退職金以外の様々な用途に解約返戻金や死亡保険金を活用することができます。

 弊社では、お客様の状況に合わせて様々な商品の中から、効果的な含み資産形成や退職金積み立てができる保険商品を提案いたします。どうぞお気軽にお問い合わせ・ご相談を頂ければと思います。