QUESTION

法人で生命保険に複数加入しています。代表に万一のことがあった場合には、合計で1億円の死亡保険金が法人に支払われます。もし1億円の死亡保険金が支払われた場合、法人の経理処理や納税額はどうなりますか?

ANSWER

法人が死亡保険金を受け取った場合は、帳簿上の資産計上額と受け取った死亡保険金との差額を利益(雑収入)として、今期の決算に反映させます。死亡保険金を受け取った保険の損金性によって、計上する利益や納税額は異なります。参考にしてみて下さい。

資産計上額と死亡保険金との差額を利益(雑収入)として計上。

「もし1億円の死亡保険金が支払われた場合、法人の経理処理や納税額はどうなりますか?」とのことですが、法人が死亡保険金を受け取った場合は、帳簿上の資産計上額と受け取った死亡保険金との差額を利益(雑収入)として、今期の決算に反映させます。



保険金および配当金の経理処理

法人が死亡保険金および高度障害保険金をお受取りになられたときは、資産計上されている前払保険料および配当金積立金を取り崩し、お受取りになられた死亡保険金および高度障害保険金等との差額を「雑収入」として益金に算入してください。

保険金および配当金の経理処理

参考:明治安田生命ホームページ 保険金および配当金の経理処理より


 上記、保険会社ホームページにも紹介されているとおり、法人が死亡保険金を受け取った場合は、帳簿上の資産計上額と受け取った死亡保険金との差額を利益(雑収入)として、今期の決算に反映させます。

 この場合、同じ1億円の死亡保険金でも、半分損金の保険と全額損金の保険では計上する利益(雑収入)も異なるため注意が必要です。

半分損金の保険は死亡保険金額=利益(雑収入)にならない。



【例:半分損金と全額損金。死亡保険金受取時の比較】

  • Aの保険は年間保険料1,000万円(半分損金)の保険。
  • Bの保険は年間保険料1,000万円(全額損金)の保険。
  • 両方とも死亡保険金は1億円。契約者である法人に支払われる。
  • 4回目の保険料支払い後に、保険金が支払われた。


死亡保険金1億円受取時の利益

 例えば、上記のような保険を契約しているとします。

 この場合、Aの半分損金の保険は4年目までで合計4,000万円の保険料を支払い、そのうちの半分の2,000万円が帳簿上資産として計上されています。言い換えれば、4年目の時点でこの保険は帳簿上2,000万円の価値がある保険と評価されています。

 この帳簿上の評価2,000万円だと思っていた保険が、実際に死亡保険金として支払われる際には1億円の現金として法人に戻ってきます。そのため、1億円(死亡保険金)−2,000万円(資産計上額)=8,000万円の差額分を、死亡保険金を受け取った利益(雑収入)として今期の決算に反映されます。

  • 法人の決算が黒字である。
  • この保険金に対して何もせず、そのまま決算を迎える。

 この場合は、利益8,000万円に対して、法人税2,880万円(約36パーセント)がかかります。

全額損金の保険は死亡保険金額=利益(雑収入)がほとんど。

 一方で、Bの全額損金の保険の場合も同様に4年目までで合計4,000万円の保険料を支払っています。ただし、全額損金の保険は支払った保険料全てが経費となるため、帳簿上の評価はゼロ円。言い換えれば4年目の時点でこの保険は帳簿上全く価値のない保険と評価されています。

 この帳簿上の評価ゼロ円だと思っていた保険が、実際に死亡保険金として支払われる際には1億円の現金として法人に戻ってきます。そのため、1億円(死亡保険金)−0円(資産計上額)=1億円。受け取った死亡保険金全額が利益(雑収入)として今期の決算に反映されます。

  • 法人の決算が黒字である。
  • この保険金に対して何もせず、そのまま決算を迎える。

 この場合は、利益1億円に対して、法人税3,600万円(約36パーセント)がかかります。

 いずれの場合も、保険金をそのままにしておけば大きな法人税が発生します。そのため、一般的には受け取った死亡保険金を死亡退職金(弔慰金)として法人から個人(遺族など)に支払う場合がほとんどです。死亡退職金はその全てを損金計上できるため、実際には死亡保険金による利益のほとんどを消し込むことが可能です(ただし、適切な額を超える死亡退職金は損金として認められない場合があります)。

 法人契約で大きな死亡保険金のつく保険商品に加入する場合には、万一に備えて、併せて弔慰金などの規定をしっかりと整備することをオススメします。弊社では、お客様のご要望に応じて、この辺りのアドバイスも含めて保険提案をすることが可能です。どうぞお気軽にお問い合わせ・ご相談を頂ければと思います。