QUESTION

今かけている保険契約を解約して、他の法人保険に入り直す予定です。既存の保険の解約返戻金を使って新規の保険に入り直す場合、利益や損金など経理処理はどうなるでしょうか?現在加入しているのは、1/2損金で支払い保険料の累計が900万円。解約返戻金は800万円です。新たに加入する予定の保険は、同じく1/2損金で年間保険料250万円です。

ANSWER

既存の保険を解約したことで発生する利益350万円、新規の保険に加入することで発生する損金125万円。350万円-125万円=225万円が差し引きで今期の利益に計上されます。

350万円-125万円=225万円を今期の利益として計上。

「既存の保険の解約返戻金を使って新規の保険に入り直す場合、利益や損金など経理処理はどうなるでしょうか…」とのことですが、お客様が既にご契約中の保険と、新規加入予定の保険をまとめると下記のようになるかと思います。



【現在加入している保険】

  • 保険料は半分(1/2)損金。
  • 解約返戻金800万円。
  • 今までに支払った保険料累計は900万円。



【新規に加入を検討している保険】

  • 保険料は半分(1/2)損金。
  • 年間保険料は250万円。


 まず現在加入している保険を解約した場合ですが、解約前時点で帳簿上には支払い保険料累計900万円の半分である450万円が資産計上されていると思います。この帳簿上の評価450万円だと思っていた保険が、実際に解約すると800万円の現金として戻ってきます。この場合、800万円-450万円=350万円の差額分が既存の保険を解約した利益(雑収入)として発生します。

 一方で、この800万円のうち、250万円で新たな保険契約に加入した場合、年間保険料250万円のうち半分の125万円を損金として計上することができます。

  • 既存の保険を解約したことで発生する利益350万円。
  • 新規の保険に加入することで発生する損金125万円。

 350万円-125万円=225万円が差し引きで今期の利益に計上されます(なお、経理処理に関しては必ず顧問の税理士にもよく確認するようお願い致します)。