QUESTION

現在、法人契約のがん保険は全額損金ですか?

ANSWER

2012年4月26日以前にご契約された法人がん保険であれば、現在でも全額損金になります。一方で、2012年4月27日以後にご契約された法人がん保険は、原則として半分(1/2)損金となります。

2012年4月27日以後の契約は半分(1/2)損金です。

「現在、法人契約のがん保険は全額損金ですか?」とのことですが、2012年4月26日以前にご契約された法人がん保険であれば、現在でも全額損金になります。一方で、2012年4月27日以後にご契約された法人がん保険は、原則として半分(1/2)損金となります。

 別のよくあるご質問でも紹介しましたが、2012年(平成24年)4月27日に税制の見直しが行われ、4月27日以後に契約した法人契約のがん保険は、支払った保険料が全額損金から半分(1/2)損金へと、その税務ルールに変更が加えられました。

 そのため、がん保険の契約日によって、その経理処理が異なります。

  • がん保険の契約日が2012年4月26日以前の契約は、今後支払う保険料もずっと全額損金。
  • がん保険の契約日が2012年4月27日以後の契約は、今後支払う保険料は半分(1/2)損金に。

法人契約がん保険の改正日

保険料が全額損金になる保険商品は他にもございます。

 現在、新たにご契約する法人がん保険に関しては、全額損金にはなりません。ただし、別のよくあるご質問でも紹介しましたが、法人がん保険のルール変更後も全額損金損金になる保険はございます。

 具体的には、

  • 全額損金の逓増定期保険。
  • 全額損金の定期保険。
  • 全額損金の生活障害定期保険。

 など、支払った保険料を全額損金とすることができます。今期の節税に全額損金の商品を活用したい場合は、どうぞお気軽にお問い合わせ・ご相談を頂ければと思います。