QUESTION

法人契約でパートやアルバイトなど非正規従業員のみを対象に傷害保険への加入を検討しています。この場合、保険料は全額損金になるでしょうか?定期保険の場合は特定の人間を対象とした場合は損金に出来なかったと理解していますが。

ANSWER

保険料は全額損金になります。一言に傷害保険と言っても様々な種類の保険商品がありますが、どのカテゴリーの傷害保険であっても、パートやアルバイトなどの非正規従業員のみを対象にした場合でも、保険料は全額損金処理して頂いて構いません。

パートやアルバイトのみを対象にした場合でも、保険料は全額損金に。

「法人契約でパートやアルバイトなど非正規従業員のみを対象に傷害保険への加入を検討しています。この場合、保険料は全額損金になるでしょうか?」とのことですが、保険料は全額損金になります。

 一言に傷害保険と言っても様々な種類の保険商品がありますが、どのカテゴリーの傷害保険であっても、パートやアルバイトなどの非正規従業員のみを対象にした場合でも、保険料は全額損金処理して頂いて構いません。

「定期保険の場合は特定の人間を対象とした場合は損金に出来なかったと理解していますが…」とのことですが、

  • 従業員全員加入をしないと損金算入できない。
  • 特定の人のみを被保険者とした場合、損金算入できない。

 といったルールが適用となるのは、解約返戻金のある養老保険などに加入する場合のみです。お客様のように

  • 解約返戻金も無く、純粋な保障目的の保険。
  • あるいは事業に必要な保障を買うための保険。

 といった場合は、特定の被保険者のみの加入であっても保険料は全額損金処理して頂いて構いません。参考にしてみて下さい。